LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2020年6月21日日曜日

Edwina Horl 6 Season Archive Item










こんにちは。




現在、Edwina Horlのアーカイブピースを店頭/オンラインショップにてご覧頂けます。




2015SSシーズンからの、計6年分の春夏コレクションピース。




6/21(日)現在、オンラインショップには計55種を掲載完了。




残り30種程届いておりますので、



毎日可能な限り、オンラインショップに掲載していきます。




今回のブログでは本日(21:00)掲載予定の中でも、

OVIE STUDIO代表の僕にとって思い入れの強いアイテム郡を紹介致します。





そのアイテムは、


こちらの「melody」と名付けられた2015SSコレクションのオリジナル生地が使用された3種。



当時、展示会で一目惚れした、素敵な生地です。



そもそも、2015SSはコレクションテーマから非常に素敵なものでした。



2015SSのテーマは、


[ SONG FOR COLLEGUE]
働く仲間の歌


普通ならコレクション(衣服/スタイリング)のイメージをテーマにすることが多いのですが、

2015SSは、デザイナーであるEdwina Hoerlから共に働く仲間へ送る歌がテーマ。


2014年9月、デザイナーであるEdwina Hoerlに第一子が誕生致しました。



僕たちバイヤーは9-10月に翌年の春夏モノを見に展示会へ行きます。

つまり、2014年の9-10月に2015SSのサンプルを見るわけです。


デザイナー側からすると展示会前の7-9月はコレクション制作でかなり多忙な時期。



そのような中で、しっかりと展示会にサンプルが間に合ったのは共に働く仲間のおかげ。



Edwina Hoerl と共に働く同僚達なくしては、成り立たなかった。


コレクションテーマ [ SONG FOR COLLEGUE] からも分かる様に、

歌にのせて同僚達への感謝の意を込めたコレクションです。










コレクションルックでも「感謝」を伝えるべく、

各ルック2部構成となっており、1部はモデル、2部目はフィッティングを整える同僚達が写っています。



素敵なテーマで創り上げられたコレクション。




そのコレクションの中でも一際目立っていたのが、

「melody」と名付けられたオリジナル生地。






シルクを27%含むシルクネップ素材。


シルクはしなやかで柔らかく、夏は涼しく冬は暖かい高級素材。

また、シルクは人間の皮膚の成分とよく似ているため、肌に優しい。


虫害や水に弱かったりと短所もあるシルクですがそれを上回る良さがあります。





Edwina Horlスタッフの國井さんには、

僕がこの「melody」という生地に惚れ込んでいることを何年も前から伝えていて、

今回の企画で特別にご用意して頂きました。



どうやら、デザイナーEdwina Hoerlにとっても思い入れの深いアイテムの様で、3型1点ずつを大切に保管していた様です。



Edwina Horlがオリジナルで生産した生地ですので、当然、世の中に同じ生地はありません。



今回の3型1点ずつで終了となります。




ブランドにとって、

デザイナーEdwina Hoerlご自身にとって、

大切なアーカイブアイテムを弊店OVIE STUDIOに託して頂けたことが嬉しい。





それでは、1型ずつ紹介させて頂きます。



























 

ビッグテーラードジャケット
¥49,000+tax
size:M


1型目はジャケット。

1ボタンのみのミニマルなデザイン。

Edwina Horlのジャケットらしい程よいゆったりサイジング。

サイズは最も大きなsize:M。






こちらは163cm女性、




こちらは176cm男性がsize:Mを着用しております。



柔らかな生地ですのでオーバーに着用頂いても大きすぎる印象を与えることなく、自然と馴染みます。











定番紐パンツ
¥32,000+tax
size:M


2型目はエドウィナホールが現在も定番として展開し続けているタックワイドパンツ。

ウエストから太ももにかけて生地分量たっぷりにワイドでありながら裾に向かってまとまっていく、完成された美しいシルエット。

OVIE STUDIOでは過去12シーズン、一度も欠くこと無くオーダーし続けています。


生地違いで何本も持っている、というお客様も多くいる名作。


一番多いお客様で7本所持されている方も。
もしそれ以上に持っている方みえましたら教えてください。


僕自身ももちろん、定番紐パンツの型はかなり気に入っていて、melodyの生地で展開されることを知った時は興奮しました。


size:Mが一本のみでは御座いますが、もし探されている方や、今回初めて知って一目惚れして頂けた方がみえましたら是非。














ジャケットと合わせて、セットアップスタイルもおススメです。


















1タックスラックス
¥31,000+tax
size:M


最後はこちらのスラックス。

Edwina Horlの中では細身のシルエット。

1タックで程よいゆとりを持たせつつ、すっきりとした、万能な型です。

タッチが良く、涼しい生地ですので夏場にも快適にお過ごし頂けます。









「melody」のシリーズ以外にも素敵なアイテムが届いております。


オンラインショップにて是非ご覧くださいませ。



Edwina Horl 通販ページ




※アーカイブアイテムはほとんどが一点のみのためアトリエに在庫がなく、お取り寄せを承ることができません。
お好みのアイテムが御座いましたらお早めにお手続き頂けましたら幸いです。










おやすみなさい。








OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00



銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可



















2020年6月12日金曜日

6月のオンラインショップアクセスランキング












本日はお久しぶりのアクセス数ランキング。



TOP3を紹介いたします。






1位


kujaku suiren sandal66,000円(税6,000円)
size:1-last 22-sold out




6/1~11で最もアクセス頂いのはkujakuのサンダル。


kujakuが2018SSシーズンに展開して以来、2年ぶりに制作されました。


kujaku戦艦店では両サイズともに完売してしまっているため、取り寄せを承ることができません。

size:1(25.5cm~26..5cm)で履いて頂ける方は是非ご検討くださいませ。





「日本の靴職人の技術力に感服させられます」

とkujakuデザイナーが語る通り、

非常に美しい仕上がり。





こちらは2018SS LOOK。

男女共に履いて頂けるデザイン。





その後、展開はされておりませんが

19SS、20SS LOOKでも使用されています。












2位


BISHOOL Hand Craft Leather Sandal 20,350円(税1,850円)
size:36-last 238-last 140-last 242-last 144-sold out


第二位はBISHOOL定番のレザーサンダル。

アッパーに栃木レザー、
中底にヌメサドルレザー、
本底にビブラムソールを採用しております。






1点1点、職人が手作業で制作しております。

手押しのブランドロゴの刻印から、人の手によって制作されているということを感じて頂けます。







アッパーが抜けてしまわないように、紐で固定されております。

一般的に量産されるサンダルには先ず無い仕様。

長く履いて頂くために職人が丁寧に仕上げていることを実感して頂けるかと思います。

完売しているsize:44は次回7月入荷分のご予約を受け付けております。










3位


BISHOOL Hand Craft Leather Beach Sandal 20,350円(税1,850円)
size:36-last 238-sold out40-sold out42-sold out44-sold out


3位はBISHOOLのレザービーチサンダル。



ビーチサンダルも職人による手作業で仕上げられています。






靴職人が手掛ける、レザーのビーチサンダル。

ビーチサンダルって本来、海に行く時の簡易的な物を想像するから、

「職人」とか「レザー」というワードと馴染まない。

その違和感が面白い。


そもそも、レザーのビーチサンダルって探しても意外と見つかりません。

完売サイズのご予約可能ですので是非ご検討ください。








TOP 3全てがサンダルという結果でした。



梅雨が開けたら本格的に夏の暑さが始まります。



皆様に、お身体には十分に気をつけてお過ごしくださいませ。












おやすみなさい。









OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00



銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可




































2020年6月9日火曜日

次の季節/2020AWのお話(ATHA/ETHOSENS//kujaku/Leh/sneeuw)








こんにちは。



昨今のウイルス騒動で、

OVIE STUDIOに並ぶブランドの幾つかが次シーズン(2020AW)の展示会を開催することが出来ず、

あの手この手を使ってしっかりと2020AWのオーダーをしております。




一週間で空気感が良くも悪くもなる、そんな不安定な世の中。



仕入れサイクルが半年に一回の僕たちセレクトショップ業界。



半年先の将来の仕入れを約束しなければならない、非常に困難な問題です。




半年先に騒動が収束しているのか、悪化してしまっているのか、全く分かりません。





そんな世の中だけれど、


僕たちの様な、服が好きでそれを生業にしている人間は、


やっぱり信頼するブランドが手掛けた新たな作品を見た時には、


テンションが上がります。




どのブランドも拘りが強く見応えのある、

素敵な衣服を用意してくださいました。




OVIE STUDIOは変わらず、

次シーズン(2020AW)も全ブランドのオーダーをし、

店頭に並びます。

もちろん、オンラインショップにて全国の皆様にも提案させて頂きます。




今回のブログでは、5ブランドの2020AWピックアイテムを紹介させて頂きます。









ATHA




OVIE STUDIOバイヤーを務める僕が、ATHA2020AWの中でピックアップしたいアイテムはこちらのダッフルコート。


ダッフルコートの印象って皆様にとってどの様なものでしょうか。


「コート」のカテゴリーの中では、比較的代表格です。


そのため、数年に一回ブームがきます。


それほどまでに「コート」としてメインアイテムでありながら、

納得いくものに出会うことが難しい印象です。





もし、僕と同じ印象を受ける方がみえましたら、ATHAのダッフルコートは非常にオススメ。


個性的な強いデザインを加えることなく、

しっかり他との違いを演出している。


ATHAのブランドコンセプト通り、

年齢、性別を問わない1着。


サイズはフリーサイズ。


190cm男性でも着用することが可能なビッグサイジングでありながら、

女性が着用しても馴染む。






カラーはblackとbeige。

どちらも冬らしい素敵なお色味です。










ETHOSENS




ETHOSENSのピックアップアイテムもATHA同様にコート。


春夏と秋冬で比べた時に、秋冬シーズンの方が幅広いラインナップとなります。


春夏よりも秋冬の方が必要なアイテムカテゴリーが多いためです。
夏にダウンやヘビーアウターは基本的に必要ありません。



ETHOSENSの取り扱い14シーズン目となる僕にとって、

ETHOSENSが最も得意とするアイテム郡が、

コートです。


人によっては、ETHOSENSのシャツが好き、パンツが好き、

といった差が生じますが、僕は間違いなくコート。



現在、衣服を展開するブランドがOVIE STUDIOには13ブランド御座います。


その中で、

「ETHOSENSのコートと似てるコート」

に出会ったことがありません。


ETHOSENSのコートは、他には無いコートなんです。







2020AWもETHOSENSにコートをオーダーしております。

次の秋冬には長く着れる主役コートを選ぼう、


と考えているお客様に。













kujaku




kujakuの2020AWに関してはOVIE STUDIOにて受注会を開催させて頂きました。

そのタイミングで下記ブログにでピックアップアイテムを紹介しております。

kujaku 20-21FW オンライン受注会について




こちらのブログでも紹介している通り、僕のおすすめは上のLOOKのnogeshi jacket。


品名はジャケットとなっておりますが、ぱっと見の印象はカーディガン。


ダッフルコート同様に、素敵なカーディガンに出会うことって意外に無いと思います。


僕にとって衣服は楽でなければいけないから、

カーディガンはさらっと羽織れて素敵な雰囲気を醸し出して欲しい。


そんな願望を叶えてくれる1着です。


















Leh




Lehからは2種。


1つ目はこちらのLOOKで着用されているジャケット。


Lehデザイナーがずっと手掛けてみたかった、と話すPearly Kingsの活動をデザイン源としたジャケット。


ロンドンの中心部で毎年恒例として開催される行事があります。

その行事では、貝ボタンを縫い付けた衣装が纏われる。


その衣装をLehとして制作されたジャケットです。





こちらが実際に着用されている衣装。


デザインソースを聞いて、より好きになりました。


LehのこちらのジャケットはOVIE STUDIOにとって、本当に好ましい仕上がり。


入荷を楽しみにお待ち頂きたい一点です。









2つ目はこちらのカットソー。 



Lehが毎シーズンに何かしらのアイテムの冠詞として用いる「千層衣」

名前の通り、衣を層と言えるほどに重ねられたシリーズ。

私の知る限り、初めてカットソーで展開されます。

写真一枚ではお伝えし辛いので、撮影後に紹介させて頂きます。











sneeuw



最後に紹介させて頂くのはsneeuw。

sneeuwはアイテムではなく、スタイルとしてピックアップ。


フーディ×ワイドパンツのスタイリング。


sneeuwの魅力の代表的なところは、その配色にあると考えています。


可愛らしい、という言葉だけでは安っぽいけれど、

やっぱり可愛らしい。


男性よりのユニセックス

女性よりのユニセックス

比べたら女性よりかと思うけど、

何処か男性よりな気もする。


男女問わず好ましい配色をデザインする才能を感じます。


フーディ、ワイドパンツ、

どちらも入荷致しますので楽しみにお待ちくださいませ。












一挙5ブランドの紹介をさせて頂きました。



ウイルス騒動による自粛の2~3ヶ月でいつの間にか季節が変わっていた、


1季節分のファッションを楽しめなかった、


そんな感覚の方が多いのでは無いでしょうか。



今回のブログで次の季節を、

少しでも楽しみに感じて頂けましたら幸いです。


















おやすみなさい。










OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00



銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可