LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2021年2月26日金曜日

OVIE STUDIO 7周年記念イベント(Edwina Horl)

 





第4弾


-Edwina Horl-





アトリエストック/サンプルセール


2/26(金)

21:00~





本日よりスタート致します。







エドウィナホールはOVIE STUDIO代表を務める僕にとって、

非常に思い入れの強いブランドです。





24才の時、セレクトショップを開業することを決め、

最初に展示会に伺い、

取り扱いが叶わなかったブランドがエドウィナホール。



当時のお話はこちらのブログに綴っております。



ご覧頂けましたら幸いです。







7年前、取り扱いが叶わなかったブランドが、



今、OVIE STUDIO 7周年記念企画として、



特別なイベントに協力してくれている。





感慨深い想いに浸っております。






過去に、


「Edwina Horl アーカイブ展」


を開催しているセレクトショップがありました。




僕はそのことを知って、

OVIE STUDIOでも開催させて頂けないでしょうか。

と依頼したことがあります。




お店を始めて1年が経過した2015年ごろのことです。




「何年も取り扱いを継続してくれている特別なお店なので開催しましたが、基本的にはセレクトショップでのイベントはお断りしております」



と突き放されてしまいました。




無知でこのセレクト業界に足を踏み入れた僕だから、

業界のルールや常識を一切知らず、

依頼出来たことで、



今思うと、

よくOPEN 1年でそんな依頼したな、、

と恥ずかしくなってしまいます。





取り扱い店舗数はブランドによって様々ですが、


当時のEdwina Horlは日本のみで40以上の取り扱い店があったかと思います。




アーカイブやサンプルアイテムはブランドが1~2着ずつ所持している、

有限

なものです。



そのため、

40店舗全てで開催することは不可能。



それどころか、

1年で2店舗が限界かと思います。



その2店舗に経験も知識もない僕のお店を入れて欲しい


という依頼ですから、


叶うわけがありません。




やっと、7年が経過した今だからこそ、


協力して頂けることが決まりました。





恐らくEdwina Horlの「サンプル展」は僕の知る限りでは初めて。



「アーカイブ展」もほとんど開催されておりません。





非常に希少な機会ですので是非、お楽しみください。





今回届いたのはOVIE STUDIOのオープン当初のものもあれば、

記憶に新しい20SSのものまで。




古くからEdwina Horlをご存知の方にとって、


当時完売してしまって手に入らなかったものや、


今でも大切に着用頂いているものもあるかと思います。







このブログでは、

僕にとって非常に愛着のある



「デニムジャケット」


「ニット」




の2型を紹介させて頂きます。











デニムビッグジャケット

size:M



当時のEdwina Horlでは新鮮であったデニムジャケット。



オーバーサイジング故の美しいドレープを表現する衣服が多いエドウィナは、

柔らかくとろみのある生地が多く、

デニム生地はあまり使用されておりませんでした。




OVIE STUDIOも同様に、

オーバーサイズ/ワンサイズのものをメインでセレクトしておりましたので、

デニムジャケットをオーダーしたことはほとんどありませんでした。



ただ、Edwina Horlのデニムジャケットは、

オーバーに着用してもシルエットの美しい仕上がりで、


OVIE STUDIOで初めて

「デニムジャケット」

を強く推奨することを決めたアイテムとなっています。



163cm女性の着用写真をご覧ください。




デニムというハリのある生地にも関わらず、

着用する人の肩に綺麗に沿って落ちています。


身頃と袖を縫い合わせる肩線も生地が重なってしまうため、

ボコっとしてしまうものがほとんどですが、

遠目では肩線の位置が分からないほど、

滑らかに仕上げられています。



ビッグサイズのデニムジャケット


は古着を漁れば簡単に見つけることができます。



サイズ展開の豊富な量販店の3XLでも、

ただ大きいだけのデニムジャケットは見つけられるかもしれません。



Edwina Horlのものは、

ただ大きいだけではない、

ビッグサイズ且つ美しくあるために試行錯誤を重ね作られたデニムジャケットです。







冷える春にはニットやスウェットをインナーに、

暖かな春にはカットソー1枚の上に、

これからの季節にぴったりの1着です。















ゆったりメッシュニット

size:S



エドウィナホールが2015年頃まで春夏コレクションの定番として制作していたゆったりニット。



サマーニットというと薄手で透け感のあるものを想像されるかと思います。


エドウィナのニットはそうではなく、


ニットらしい重量感を持っています。


夏のニットとして、他にはない1着。



アップでご覧頂くと分かる通り、


比較的ゆるい編みで通気性を良くすることで、


重量がありながらも涼しい、


春夏のニットに仕上がっております。


カラーはblueとwhiteの2色。





ブランドのアトリエに保管されていたものを、
OVIE STUDIO 7周年の記念に放出して頂きました。













約5年ぶりにこちらのニットを見て、

着て、撮影をしましたが、

変わらず素敵だな、

と感じました。




エドウィナの作る衣服は、

長く着用して頂けるものばかりです。




長年Edwina Horlをご愛用して頂いている皆様はもちろん、


今まで着用したことがない、


という方々もこの機会に是非。
















OVIE STUDIO7周年企画


第5弾


はLehに特別に制作して頂いたOVIE別注アイテム


「Gobelin Band Wide Slacks」


black/brown


¥32,000+tax


明日2/27(土)21:00より販売を開始致します。





おやすみなさい。








OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00



銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可