LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2016年10月11日火曜日

サロン撮影vol.13(takuya ishihara)








こんにちは。


不定期で行っている美容師さんとの撮影。


先日のYABA COLLACTIONも同様ですが、

美容師さんと共に創り上げるのはとても楽しいものです。






今回はカット/カラーは一切無しで衣服のスタイルに合わせたヘアーアレンジで撮影しました。






model:serina/168cm

hair:takuya ishihara

photo:sumika

style:OVIE STUDIO












左がモデルのserinaちゃん、右がいつもお世話になっているtakuyaさん。
真ん中で取り残されているのが僕です。



takuyaさんは先々月の8/21-勤務先が変わったようです。





新たな勤務先が気になって調べてみました。







http://elegante.jp/stylist/index.php?action_Stylist=true&sid=68





トップデザイナー兼マネージャー....



全く知りませんでした。



普段から凄いなあと思ってはいましたが、肩書きを見るとびっくりしますね。





出会ったのは地元のバスケットボールコート、

その後は何回かお酒を飲みに連れていって頂いています。





あまりお仕事の話をしないからなのか、

takuyaさんが一切偉ぶらないからなのか、


本当にフラットなお付き合い。





今回のヘアーアレンジ、

衣服のことを知っている美容師さんだからこそのアレンジと言えます。





全9style、是非ご覧くださいませ。











style:1



今回のスタイルの中で最も女性らしいワンピースを着用しています。

ワンピース一枚では日中でも少し肌寒い季節になってきたので、インナーにタートルネックのカットソーを合わせました。

ヘアーもピュアなストレートボブ。


背景のアパートにもマッチした服と髪。




shirt

size:M
¥16,000+tax



one piece

size:XS
¥26,000+tax



shoes

size:38
¥18,500+tax












style:2



jacket

size:S
¥64,000+tax




shirt

size:M
¥16,000+tax



trousers

size:S
¥29,000+tax




shoes

size:38
¥18,500+tax




Edwina Horl 2016AWの中でもピックアップしたいビッグジャケットのスタイル。
インナーのタートルネックはstye:1で使用したもののお色違い。

ベーシックなタートルネックカットソーは万能ですね。


ヘアーは毛先に動きがつきました。

style:1のままでは女性らしくなりすぎていたところを、メンズライクなジャケットに合わせてアレンジして頂いております。




このジャケットの一番の特徴は袖。

がっつり太めのアーム、そして手が隠れるほどの袖丈。

Edwina Horl2016のアイコンピースと言える一点です。






style:3


sweat

size:S
¥25,000+tax


がっつり後ろで縛ったヘアースタイル。

無地のオーバーサイズパーカーにはこれくらいざっくりとしたヘアーがオススメです。


house of the veryは基本的にはメンズブランドですが、こちらのパーカーは女性にも着用頂けます。

長めの袖もリブで生地が手首に溜まってくしゃくしゃっとなります。

胸の太めの紐と両サイドのビッグポケットが可愛らしい。













style:4



jacket

size:M
¥68,000+tax



sweat

size:S
¥25,000+tax


先ほどのパーカーの上にジャケットを羽織ったのみのスタイル。

ジャケットはstyle:2の生地違い。

こちらの生地はEdwina Horlが1からオリジナルで制作。

permanent youth tweedと名付けられた生地で、複数の糸を用いて奥行きのある色味を表現しています。

ツイードらしい凹凸感も秋冬らしく暖かな表情。















style:5




cut sewn

size:M
¥19,500+tax



trousers

size:S
¥33,000+tax


Edwina Horlが定番で展開する袖切り替えのゆったりカットソーを着用。

モデルのserinaちゃんはかれこれ5年以上モデル業をしているため、表情も素敵。

OVIE STUDIOでの撮影も3度目ということでお互いに慣れてきた感覚。


服も大好きなモデルさんなので、服に合わせた表情やポーズをとってくれます。








style:6



coat

size:XXS
¥88,000+tax


cut sewn

size:M
¥19,500+tax





trousers

size:2
¥33,000+tax




shoes

size:38
¥18,500+tax


style:5にコートを羽織りました。


秋のスタイルは、アウターを羽織るだけで冬のスタイルに変わります。


季節の変わり目には、インナーを揃えておくのも宜しいかと。





着用したコートはFFIXXED STUDIOSパリコレクションランウェイデビューのメインピース。



ここ数シーズン、FFIXXEDが展開しているゴブラン織りのシリーズ。

ゴブラン織りが衣服に使用されることは珍しく、元々はヨーロッパの城や聖堂の装飾として使用されていた芸術品。
日本では京都祇園祭で見送り幕(山車の後背面の幕)に使用されたのが最古。
国指定重要文化財ともなっています。

現在では、一般的にラグで使用されるのがほとんどです。



そのため、見る人が見ると一発でFFIXXEDと分かるシリーズです。


こちらのコートはXXS(女性フリーサイズ)一点のみの入荷となります。

気になる方はお早めにチェックしてくださいませ。














style:7



shirts

size:M
¥43,000+tax



cut sewn

size:S
¥19,000+tax


trousers

size:M
¥39,000+tax


shoes

size:38
¥18,500+tax



今まで縛っていた髪をほどき、ルーズな雰囲気になりました。

個人的にとても好きなスタイル。
どうやら、髪を縛って癖をつけたからこそのヘアースタイルのようです。

こちらのヘアーは次のstyle:8のために作っていただきました。












style:8


shirts

size:M
¥43,000+tax


shoes

size:38
¥18,500+tax



style:7でシャツコートとして羽織っていたロングシャツ。

フロントを全て閉めてワンピースとして着用しています。

ビッグシャツのワンピーススタイルはこういったルーズなヘアスタイルが馴染みます。




羽織ったらシャツコート、ボタンを閉めたらシャツワンピース。

こういった2wayスタイルは女性デザイナーのEdwina Hoerlならではですね。



168cmのモデルで膝丈なので平均体型の女性でしたら、膝下丈。

もう少しオーバーなサイジングになります。












style:9


sweat

size:M
¥26,000+tax



trousers

size:S
¥28,000+tax



bo-shi

size:F
¥13,000+tax



shoes

size:38
¥18,500+tax





全身Edwina Horlのスタイル。

カラーはnavyで統一しています。

オーバーサイズのスウェットに細身のパンツは相性◎




ヘアーも程よくはねているのが女性らしい。












最後に、ラフなスタイルで近所をお出かけするカップルのような一枚。






お二方、ありがとうございました。





OVIE STUDIOのスタイルを好きでいてくださる方は、takuyaさんの美容室も是非チェックしてください。

お話も盛り上がるかと思います。











おやすみなさい。














OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】