LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2017年4月10日月曜日

theSakaki 居間着 甲








theSakakiから居間着が入荷しました。


「居間(部屋/家)で着る」=「Room Wear」


家で着るものは間違いなく「楽」でなければならない。


theSakakiが作るルームウェアです。


「居間着」という名称自体は毎シーズン使われておりますが、その中身は異なります。


2017SSシーズンは居間着としてニットが展開されました。












シンプルながらこちらのニットには多くの特徴があります。



一番の特徴は「ホールガーメント」という革新的な制作手法。


ホールガーメントというのは無縫製で立体的に編むことが可能な編機を指します。




前身頃、後ろ身頃、袖、襟のパーツを縫製するのが一般的なニットです。



その基本を根底から覆すような手法がホールガーメント。



そのメリットはいくつもありますが、theSakakiらしいポイントが2つ。



「縫い目が無いためごわつき感やチクチクする不快感が無い」
「必要な分量の糸のみで一着をまるごと編み上げているため、資源を無駄にしない」




着心地が良いということと、エコロジー商品であるということ。




「居間着」として着心地を追求する。



theSakakiデザイナー榊氏の拘りを感じます。




近年はモノづくりをする上で「エコ」が重要視されています。




theSakaki定番の名作であるtheBangでも「生地耳」を使用することで生地のロスを減らしています。


theBang by theSakakiについてのブログはこちら↓





「ホールガーメント」という手法を選択することで、居間着として、単なるモノづくりとしてより良いアイテムに仕上がっています。














2つ目の特徴はこちらのワッペン。


theSakakiの「the」ロゴをワンポイントで施しています。


ボディの色によってロゴカラーを変えています。





裾にひっそりとある刺繍ワッペン。
真面目な生産背景にちょっとした遊び心を足すような感覚です。










コットン100%の素材も扱いやすく、魅力の1つ。












180cm/size:M

最後の特徴はサイズ感。



theSakakiらしいゆったりとしたデザインです。






カラーはwhite/black/green/purpleの4色展開。



どれもオススメですが、個人的にはインナーとしてpurpleを選んでみたり、






意外と着やすい落ち着いた色味のgreenを春に一枚で着用、といったテンション。


173cm/size:M




もちろん万能なblackもオススメです◎

172cm/size:M



whiteはデニムに合わせるスタイルで。

サイズ感もオーバー×オーバーで。




男女ともにゆったりと着用してくださいませ。



168cm/size:M















おやすみなさい。














OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】