LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2016年5月13日金曜日

ESSAY ホームスパンフードコート






ESSAY 2016SS 珠玉のアイテムを紹介します。





¥128,000+tax


世界で1点のみの生産となったリミテッドアイテム。



特筆すべきは使用されているホームスパン生地。
ホームスパンとは、手で紡ぎ手で織られた生地を指します。

ホームスパンを伝統産業とする岩手県に位置する日本ホームスパン社で織られております。
日本ホームスパン社はYohji YamamotoやISSEY MIYAKEに生地を提供している由緒正しき企業。



基本的にホームスパンというとウールを使用したものを指します。

そのような常識を超え、日本ホームスパン社は「シルク」「コットン」といった別素材を織り込むことにも挑戦をしています。


今回、ESSAYが挑戦したのは
「ナイロン」「麻」「綿」そして「和紙」

この4種の糸を使用して、ESSAYの主色である「黒」を表現。



手織り(ホームスパン)の風合いはもちろん、4種の素材による独特な生地に仕上がっています。



「レインコートシルエットに宿る洗練さに、ホームスパンを用いて革新を」

ESSAYデザイナー竹井氏のユニークでありながら芯の通った発想から生まれました。

風の通りを考えてリラックスサイズに作られているのもESSAYらしい。






サイドスリットは開閉を考えてボタンを施しております。



バックシルエットのドレープから伝わるように生地の分量が非常に多い。

高級素材を贅沢に使用しています。

和紙を含むホームスパン生地のドレープ、あまり見かける機会も少ないかと。




インナーに着用しているVネックプルオーバー×ワイドハーフパンツのセットアップも和紙を含むホームスパン。

Edwina Horl 2016SSコレクションのオリジナルテキスタイル[run run run]

ESSAYはEdwina Horl出身ということもあり相性が非常に良い。


OVIE STUDIO 2016SSで最も希少なスタイリングかと思います。





袖はゴムで調節可能。

オーバーサイズで着用しても手を隠すことなく、生地が溜まります。


迫力があります。

ただの「黒」では無い。

生地の表情がもたらす独特な「黒」です。






春秋冬に着用頂けるコートですがブランド提案は「スプリングコート」

ショーツとの合わせがオススメです。




フードもボディのバランスと合わせて大きめにデザインされています。





襟裏にはさりげなくブランドロゴ「ESSAY」の刺繍入り。





サイズはM表記ですが、こちらの一点のみの生産なのでワンサイズ。






今後、飛躍するESSAYのリミテッドピース。


是非ご覧ください。
















最後に、日本ホームスパン社の格言とも言える一文を。


「生地が丈夫で、いつまでも風合いを保ち続けるのがホームスパンの良いところ。
何度でも身に付けたい、何年たっても大切に持ち続けたい。」










おやすみなさい。







OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】