LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2015年11月23日月曜日

BUYER'S PICK UP!vol.3(theSakaki)







こんにちは。


OVIE STUDIOのバイヤーを務める僕が、全てのアイテムに自信を持って提案をしている中で「どうしても突出してしまうアイテム」を紹介するBUYER'S PICK UP!
人間ですから、どうしても全部オススメ!全部同じ!といったことは無く、やはり一番、二番といった順序が出てしまいます。


今回はtheSakakiの代表作であるStadium Jumperについて。


¥72,000

theSakakiの秋冬定番として展開されているスタジアムジャンパー。

2015AWでは袖レザーのこちらのolive/brownカラーと、
レザーを使用していないblack,navy,grayの展開。

中でも袖レザーのこちらは異色とも言える世界観です。

「スタジャン」の一般的なイメージを覆すパターン。

肩を落として、もしくは肩で羽織ることを推奨するかのようにオーバーサイジングにつくられております。

襟に関してはスタンドorショールカラーの2way仕様。

がっつりポケットに手を突っ込んで着用して頂きたいアイテムです。


アイテムの仕様や素材選びに関してはもちろん最高。

しかし、一番にお伝えしたいのはデザイナー榊氏の男気

上記でもお伝えした通り2015AWで展開されたスタジャン(レザー切替)はolive/brown1色のみ。

blackでもnavyでもbrownでも無く、
olive/brown1択。


blackがあって、navyがあってolive/brownもある。
この流れなら分かります。


通常のデザイナー/ブランドであれば間違いなくそうするでしょう。

お客様にも「レザー切替にblackがあればなぁ」「レザー切替にbrown単色があればなぁ」と思う方も見えるかと思います。

僕たちバイヤーからしてもblackがあれば売れる、navyがあれば売れる。
そう考えます。

しかし、榊氏はolive/brown1色。

自身が作りたいものを作る。

という想いが透けて見えるかのようです。




男臭いと言った方が早い程の渋さ。

スタジャンと共に年を重ねていきたいと思わせる一品です。

5年後にレザーが経年変化して渋みのある表情を見せたときに、自分も五つ年を経ている。

共に生きていくことの出来るアウター。





榊氏のスタンスは変わることの無い確固たるもの。 
2014AWではnavy/mustardを展開しておりました。

明るいお色味ではありますが、榊氏の男臭さが拭いきれていない。
やはり渋いと言いたくなるカラーリング。





インナーにはtheSakakiのtheBang編物
ボトムスにはtheSakaki初となるコーデュロイSemi Wideを着用しております。


ブランドロゴの主張無し、
柄物の少ないtheSakakiは全身揃えて着用してしまいたくなるような不思議な感覚に陥ります。









着用モデルにもついつい男臭いモデルを選んでしまいます。











このスタジャンには缶コーヒーと煙草がベストマッチ。
自販機の光でさえ何処か妖艶に映ります。





おやすみなさい。








OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

銀行振込/代引き/カード利用/分割・リボ払い選択可


住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
TEL/080-3655-4146【通販OK】
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休
twitter:https://twitter.com/OVIESTUDIO
Instagram:http://instagram.com/oviestudio
wear:OVIESTUDIO

【取り扱いブランド】