LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2014年6月9日月曜日

所作(shosa)の財布

 
 
 
こんばんは。
 
 
 
本日は「所作(shosa)」のロングウォレットについて。
 
 
 
 
こちらは結婚式のお祝い等を包む一枚の布「袱紗」(ふくさ)をモチーフにした財布。
 
贈答品を包む古い様式「折形」を落とし込んでデザインされているため、贈り物としても最適なアイテム。
 
 

 一枚の革を縫製無しで折り紙の様に折りたたみ一本のボルトで留めて仕上げています。
お金を美しい「所作」(仕草・振る舞い)で扱うことのできる財布。
 
お好きなカラーでオーダー可能である点も魅力的。
 
 
 
 
 
 
こちらが最もシンプルなBasicのブラック。 
通常の5倍以上の手間をかけて鞣(なめ)されているジャパン・レザー。
 
鞣すとは…動物の皮はそのまま使用すると腐敗したり、硬くなり柔軟性がなくなります。この欠点を樹液や種々の薬品を使い取り除く方法。
 
 
とてもシンプル。
だけど、何故か目がいってしまう。
 
糸は使われてないし、金具も一切見えないのに。
 
 

折りのみで成形されているため数枚の革が重なっているように見えるほどの薄さ。
 
 
 
 
 

こちらは普通の財布。
(お客様私物)

ふちには縫製糸が見えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらが所作。
縫製がなくなるだけでここまでイメージが変わります。
 
アップにしてみると分かりやすいですが、普通に使用していたら気付かれにくい小っちゃなポイントです。
しかし、「何か違う気がする…」と思う人は多いはず。
 
当たり前にあるものが無いという違和感は大きい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小銭入れ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

カードスリット。
 
とてもシンプルで洗練された財布にT-CARDは浮きます。
 
 
普通の財布ならPONTAもゆうちょも馴染むのに。
(お客様私物)
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
「所作」は隠せます。
 
 
 
 
これで「ポイント貯めてる小っちゃい人間」と思われずに済みます。
大人っぽくスマートな印象。
 
 
 
 
 
 

こちらがお札入れ。
袱紗に包むようにお札をしまえます。
 
 

メインカバーの裏面にはオリジナルのスタンプ。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
メンズ、レディース問わずお使い頂ける素敵な財布です。
 
 
basicという無地・単色のモノ以外にも、
ドット柄や刷毛塗りのインディゴ、金銀の箔などバリエーションも豊富に御座います。
 
 
 
 
 
オンラインショップで御確認頂けますので是非ご覧になってください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※「所作」に関しましては当店に在庫の無いカラーもお客様のご希望に合わせてオーダー可能です。
そちらの場合は納品まで約2週間程お時間を頂きますのでご了承下さいませ。
不明点等のお問い合わせは下記で承ります。お気軽にお問い合わせください。
mail:oviestudio@ovie.jp
tel:052-684-7339
 
 
 
 
 
おやすみなさい。
 
 
 
 
 
 
 
 
OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)
 

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
TEL/080-3655-4146【通販OK】
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休
twitter:@OVIESTUDIO
Instagram:OVIESTUDIO
wear:OVIESTUDIO

【取り扱いブランド】
AUTTAA/Edwina Horl/ETHOSENS/My Beautiful Landlet/No,No,Yes!(所作)/The Bang by The Sakaki/manuca/Phablic×Kazui